ushibutakome

konnnichiwa
   1/78 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
アッサラームアレイクム

タイムトラベル

| | 15:25 | comments(0) | -
2013/7/21 哲学ウォーク@箕面滝道
箕面滝道、橋本亭前から滝までの道のりを「哲学ウォーク」に参加しながら歩いた。
 
自分の引いた言葉は「道」についての言葉。
横に川が流れていたこともあり、概念化で「流れ」という言葉を選んだ。
 
立ち止まった場所は、「音羽山荘」。数年前に結婚式代わりに家族での食事会をした場所。
時の流れや、感覚・感情的な流れを感じたので選んだ。
 
出てきた質問からは今まで考えた事もなかった「流れは途切れたり、干からびたりすることがあるのか?」というものを選んだ。
 
常々、時間や運命、偶然/必然や、感情や、色々なものを「流れ」として感覚的に捉えていた。
常にそこに絶え間なく存在するもの。
 
それが途切れたり、干からびたり、、するのか?
 
歩きながら始めは死や眠りを思った。確かに個人としての「流れ」は途切れ、干からびるかもしれない。しかし、しっくりこない。
「流れ」は個人的なものだけではなくもっと大きなものも含むように思う。
 
次に思い浮かんだのは、「祈り」。
アフリカや日本で共に過ごしたイスラーム教徒たちの1日5回の祈り。
 
永遠の様なアッラーの前に「人間の時間」が途切れ、大いなる存在に対し「私/個人」が相対化される瞬間。
 
はっとした。
もしかしたらこれかもしれない。
 
というか、根本的な思い違いをしていたのかもしれない。
 
時間や運命、偶然/必然や、感情や、色々なものの「流れ」は常に「ある」のではなく、逆にそれに思いを馳せ、身をゆだねるときに初めて立ち現れるのではないか。
常にある「流れ」が何かの拍子に途切れるのではなく、
私が、社会が、世界が対峙した時に初めて立ち現れ、「流れ」る。
 
 
考えながら、箕面大滝の前にたどりつく。
 
そこでは、演奏とダンスの即興的なパフォーマンスが始まっていた。
 
子連れ、高齢な方含めたくさんの方々が見ている中、「瞬間」に集中した時間と空間。
日常的な空間で、ある意味日常的ではない「即興」という時間が流れていた。
 
パフォーマーは
もう10年近く前に篠山の農園でお会いしたヤンジャさん。
8年程前に、何度かセッションをした、ゴードンさん。
一年前に知り合った、佐久間さん。
 
自分にとって、様々な時間軸が混ざり合う。
 
ダンサーを見ていると「自意識と体の動き」の様なものが気になる。
 
自意識と無意識と、体と演奏者と観客と世界との流れ。
 
 
 
●ダンス+サウンド即興パフォーマンス

「Minus ーマイナス」
7/21(日)午後7時〜8時 
<雨天時は7/26金曜日に延期>場所 箕面大滝前 
Yangjah(コーディネート)
D. 佐久間新 伴戸千雅子 Yangjah
S. Christopher Fryman Jerry Gordon 長谷川敬

箕面の森アートウォーク 
http://www.art-gallery-zone.com/artwalk/
| 感想など | 17:07 | comments(0) | -
Yo!!!!!
 Yo!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!今は いつや????
| | 03:53 | comments(0) | -
カメ
 カメが泣いている

| | 09:52 | comments(2) | -
まっくじ
ぱるれ ぱるれ 話 極  エクストリーム  栗クリーム
| | 08:22 | comments(0) | -
まだいたんかいな
 ひさしぶり

だすねかな
| | 20:14 | comments(19) | -
じゃがいも
080505_1831~01.jpg
はなさいた
| | 18:31 | comments(6) | -
koko
080411_1705~01.jpg
| | 19:20 | comments(0) | -
pump2
080405_0938~01.jpg
| | 09:39 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE